FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初の住まいを探す1

今回のプランは、まずは私が1人で英国へ渡り、
とりあえずハウスシェアなどしながら3ヶ月弱を過ごしながら3人で住む部屋を探し、
後から相方と息子が英国へ渡るという感じ。

見ず知らずの国で、赤ちゃん連れで部屋を探して、仕事を始めてとか、
あり得ない気がするので、仕方がないかな・・・。

アメリカからの引っ越しの荷物は、3ヶ月程度であれば、日通の方で預かることができる
というお話を頂いた。保管料は1ヶ月間は無料。それ以後は一日4ポンドだそう。

なので、まずは、最初に住むハウスシェアの部屋を見つけないといけない。
これがなかなか・・・

ハウスシェアって言っても、長期の人を探しているケースも多くて、
2−3ヶ月とか言うと、ちょっと・・・という場合もあるし、
ハウスシェアを不動産屋が管理している場合もあって、
それだとやたらと手数料をとられてコストが嵩み、短期滞在するには経済的ではない。

ということで、個人でやっているハウスシェアというのが狙い目になる。
そういうハウスシェアを英国で探す場合、SpareRoomというサイトが便利。
agentがやっているのも出て来るが、個人でやっているのも結構見つかる。
地図上で物件を検索できるので、お好みの地域から物件を探索するのが容易。
自分の希望に合った部屋を見つけて、サイトを通して連絡をとり、部屋を見せてもらう。
結構、返事がない、という場合も多くて、返信率は30%から50%。
SNS何かと同じで、メッセージが既読かどうかというのは表示されるので、
既読スルーは一目瞭然で、それならそれで良いか、という気分になる。
他には、Gumtreeというサイトがあるがこちらはcraigslistみたいなもので、
ハウスシェアに限定してないので、ちょっと使いづらいかも。
ちなみに、UKのcraigslistは、”使えない、いや、スキャンダラスだ”という意見をもらったので、
使わないほうが良いと思われる。

ともかく、部屋を見せてもらうのだけれど、これがまた・・・

まずは、そもそも行くのが大変。
滞在先がケンブリッジのシティセンターにあるので、職場近くの物件を見たいとなると、
そもそも行くだけで大変になる。歩いていったり、バスで行ったりだけれど、片道数十分は
かかるので、すごく効率が悪くなる。個人の人とそれぞれ話しをして見せてもらうので、
まとめてというわけにもなかなかいかないし。

いい部屋を見つけるのが大変。
ハウスシェアと言っても、それなりに払わないと行けないので、
コストに見合った部屋を探したいのだけれど、え、これでそんなに取るの?
という所もあったりして、疲れてくる。ちょっとボロい、とかはわかるのだけれど、
人が見に来ると分かっているのに、バスルームが不潔な感じとか、理解し難い。
実は、最初に見に行った部屋がスゴく好印象で、即決したかったのだけれど、
相手の事情があって直ぐには入れないことになり、探索する羽目になった。
まあ、これもいいネタと言えばネタなのだけれど・・・。

さてどうしたものか。部屋探しは続く・・・。

にほんブログ村 科学ブログ 生命科学へ
にほんブログ村


自然科学 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

広告2

広告3

スポンサードリンク
プロフィール

FC2USER265986QDP

Author:FC2USER265986QDP
日本で修士まで過ごし、その後テクニシャンを経て、アイルランドでPhDをとりました。
最近の趣味はブルワリーめぐり。
研究のこと、日々思ったこと、アメリカ・サンディエゴの観光情報、生活情報、クラフトビールブルワリー訪問記録、などなど適当にアップしていきますので、お付き合いください。
コメント、リンクなどいただけると、尚喜びます。よろしくお願いします。
ここに来たのも何かの御縁。折角なんで、ゆっくり覗いていって下さい。

スポンサードリンク
最新記事
フリーエリア
FC2以外で訪問してくださった方は、こちらから記録を残していって下さい。
リンク
カテゴリ
PC (11)
F1 (1)
最新コメント
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
397位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
108位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。