スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカでは一部ポスドクのサラリーが引き上げになるらしい

理解が正しいのかどうかちょっとわからないけれど、
法律が変わって、裁量労働制の人にも40時間を超えたら時間外手当を払うか、
そうじゃないなら基準($47,476)以上の賃金を支払うか、どちらかを満たさないといけなくなるらしい。
どちらにするかは雇用主が選べるらしいが、ポスドクに残業代を払うなんて無理なので、
基準額以上に給与を引き上げる、という選択になるだろうね、ということらしい。
今のところ、NIH基準の一年目のサラリーは43,000ドル程度らしいので、
ポスドクを始めて最初の3年間くらいは大幅な賃金引き上げということになりそう。

朗報なような気もするのだけれど、実際のところどうなのだろう?
科学予算の大幅増額と言うのは見込めないだろうし・・・。
単にポスドクの数を減らすということになるのか、研究費の方が削られるのか。
しかし、考えてみたら、みんな47,476ドル以上にしろと言っているだけで、
そこから更に上げろとは言ってないわけで、長くポスドクをする人の給料を上げないことで
ある程度はキャンセルアウトされるのかもしれない。ホントかな?
グラントの仕組みを変えるのか?とかそういうことはこれから話し合われるらしく、
移行期間には研究所がサラリーを補填するとかなんとかいう話もあるらしいけど、
ただでさえ潰れそうなこの研究所とかは、大丈夫なのだろうか?
どちらにしても法律が施行される12月にならないとわからないし、
つまり私には多分関係ないってことなんだけど。

にほんブログ村 科学ブログ 生命科学へ
にほんブログ村


自然科学 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

広告2

広告3

スポンサードリンク
プロフィール

FC2USER265986QDP

Author:FC2USER265986QDP
日本で修士まで過ごし、その後テクニシャンを経て、アイルランドでPhDをとりました。
最近の趣味はブルワリーめぐり。
研究のこと、日々思ったこと、アメリカ・サンディエゴの観光情報、生活情報、クラフトビールブルワリー訪問記録、などなど適当にアップしていきますので、お付き合いください。
コメント、リンクなどいただけると、尚喜びます。よろしくお願いします。
ここに来たのも何かの御縁。折角なんで、ゆっくり覗いていって下さい。

スポンサードリンク
最新記事
フリーエリア
FC2以外で訪問してくださった方は、こちらから記録を残していって下さい。
リンク
カテゴリ
PC (11)
F1 (1)
最新コメント
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
131位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。