FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのアメリカの産科受診と日本の病院からの紹介状

アメリカの産科を初受診

相方の妊娠が判明しまして、暫く日本で病院に通っていたのですが、
色々考えた結果アメリカで出産するこということに決め、
この前の一時帰国の際に一緒にアメリカに戻ってきました。

で、先週初めてアメリカの産科に行きました。
ラボの人と話していると、スクリプスにした、UCSDにした?というような
ことを言われるので、サンディエゴではそっちのが一般的なのかもしれないですが、
自宅から病院がちょっと遠いというのもあり、
自宅近くで、評判の良さそうな医者を探して決めました。


日本の病院からの紹介状

クリニックについて、色々と書き込んで、手続きをして、
ああ、そういえば、と、日本の医者からもらってきた紹介状を受付に渡すと、
「ああそう。じゃあ、開けてみて」と言われ、そうですか、とおもむろに開けてみると・・・
思いっきり日本語!!
アメリカの病院に行くと言ったら、
つたない英語で書くと言ってくれたその紹介状は、検査結果の単語以外はほぼ日本語。
恐らく、日本の医者が書いた英語の文章は一切なく、
こちらのクリニックの受付のお姉さんと顔を見合わせて苦笑い。
まあ、interestingかもしれないけれど、検査結果の一部が伝わるだけで、
今までの経過などは一切伝わらない。
その辺の医者って、サラサラっと英語を書くなんてことは出来ないんでしょうね。
適当でも、変なことを書けないと思うのかも知れないけど、何も伝えないよりは、
今までの経緯くらいは箇条書きでもいいから書いてくれたほうが良いだろうに。

とりあえず、こちらのお医者さんは爽やかな良さそうな人で良かった。
今までこちらで会った医者は皆さん感じが良いです。
病院では体重、血圧、尿の検査をして、軽くエコーして、ちょっとお話して終了。
血液検査を指示され、次は3−4週間後にエコーね、と言われて帰って来ました。
妊娠・出産に関してのお支払いは、全てが終了してからということで、
その場での支払いは無いということみたい。


血液検査

血液検査は検査会社のブランチへ。
病院関係の施設が入っているところではなく、普通のお店が入っているモール。
予約することも可能でしたが、無くてもいいとあったので何もしませんでした。
前に何人かお客がいましたが、受付に待つことはありませんでした。
オーダー自体は医者の方でしてくれてあるみたいで、
特に自分たちで何かを伝える必要は無く、医者からもらってきた紙を渡すだけ。
検査は、glucose challenging screeningってやつで、
glucoseの溶液を(結構量がある。200 mLくらい?)を飲んで、
1時間待って採血というもの。絶食をする必要も無い。
後は、貧血の検査のためにもう一本採血だった模樣。
これがポジティブだとglucose tolerance testというのを受けるらしい。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ
にほんブログ村


サンディエゴ ブログランキングへ

今の気分で旅選び!ジャルパックの目的・テーマ別ツアー検索
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

広告2

広告3

スポンサードリンク
プロフィール

FC2USER265986QDP

Author:FC2USER265986QDP
日本で修士まで過ごし、その後テクニシャンを経て、アイルランドでPhDをとりました。
最近の趣味はブルワリーめぐり。
研究のこと、日々思ったこと、アメリカ・サンディエゴの観光情報、生活情報、クラフトビールブルワリー訪問記録、などなど適当にアップしていきますので、お付き合いください。
コメント、リンクなどいただけると、尚喜びます。よろしくお願いします。
ここに来たのも何かの御縁。折角なんで、ゆっくり覗いていって下さい。

スポンサードリンク
最新記事
フリーエリア
FC2以外で訪問してくださった方は、こちらから記録を残していって下さい。
リンク
カテゴリ
PC (11)
F1 (1)
最新コメント
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
508位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
136位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。